「文化財防火デー」消防訓練(1月26日)

去る1月26日(火)、「文化財防火デー」に伴う消防訓練が行われました。

この訓練は昭和24年に奈良・法隆寺金堂の火災で国宝の一部が焼失した事を教訓に、昭和30年に文化財を火災等の災害から保護し、次の世代に伝え継ぐという主旨により「文化財防火デー」が制定され、毎年1月26日に全国一斉に行なわれる消防訓練です。

今回の訓練では、大元社西側の杉林から出火したと想定され、発炎筒型の火点が設置されました。

午前11時の訓練火災発生と同時に、職員は火災発生時の連絡対応、119番通報訓練、初期消火、初期消火失敗後の本殿前附近から広場への参拝者避難誘導、本殿から「御」を神輿殿へ搬出後、延焼を防ぐ為、舞良戸を閉めた社殿への放水銃による放水訓練を行いました。

消防署の方々は消防車が到着後消火活動、また、氏子の方々には、消火器による消火訓練、バケツリレー等に参加して頂き貴重な文化財を火災から守っていかねばならない職員と同じく、再認識して頂けたのではないでしょうか。

宮崎

出火元を確認後、大声で火災を周囲に知らせます。
氏子崇敬者の皆様もバケツリレーを行いました
参拝者を安全な場所へ誘導します 「御」の搬出は職員二人一組で
本殿の西側2ケ所、東側の2ケ所から放水 消防隊による火点への消火活動
青葉消防署署長の総評 当宮宮司の挨拶

ベガルタ仙台必勝祈願(1月21日)

1月21日、ベガルタ仙台の必勝祈願を執り行いました。

大絵馬にサインを頂き、御社殿で御祈祷をします。

今年は監督、選手など総勢98名の参拝で、社殿内はいっぱいになりました。

まもなくリーグ開幕となります。本年の活躍をお祈りいたします。

祭儀課 日下 瑞季

大絵馬にサインを書く選手 社殿内はいっぱいです
ベガッ太くんは外でお参り 最後は皆で集合

平成28年1月14日 松焚祭が執り行われました。

去る1月14日、大崎八幡宮で松焚祭が執り行われました。

この日は平日にも関わらず、午前中から多くのご参拝があり、「仙台人にとって松焚祭までがお正月」と言われるのにも頷ける賑わいをみせました。一般的には「どんと祭」「左義長」とも呼ばれ、元は平安時代の「三毬杖」(さぎっちょう)という宮中行事を由来とする説が有力です。

各家庭・会社から持ち寄られた門松などの松飾り、祈札など、高さ4m以上に積まれた古神札の前で、古神札焼納祭の祭典が執り行われました。

宮司の祝詞では、年神様の御神徳仰ぎ無病息災を祈念します。その後、神職による御祓い、1月1日の歳旦祭の火打石にて鑽り出された「忌(いみ)火(び)」によるお焚き上げ、また「御神火」を目指す裸参りの団体と、境内はさながら初詣の賑わいで、歳神様をお送りします。

本年の松焚祭参拝者数は11万8千人。裸参りは、121団体、3349人のご参拝がありました。

庶務課 小野目 稲美

斎主祝詞奏上 佐藤大樹殿による上棟寿詞奏上