「文化財防火デー」消防訓練

平成29年1月26日

去る1月26日(木)「文化財防火デー」に伴う消防訓練が行われました。

「文化財防火デー」は、1949(昭和24)年1月26日、日本最古の壁画が描かれていた奈良の法隆寺金堂が火災により焼損した事をきっかけに文化財を火災や震災から守るとともに文化財愛護思想の普及高揚を図る目的で、1955(昭和30)年に文化庁と消防庁が制定し、各地で文化財の消防訓練が行われています。

今回の訓練では、社殿西側の杉林から出火したと想定し、発炎筒型の火点が設置されました。

午前9時半の訓練火災発生と同時に、職員は火災発生時の連絡対応、119番通報訓練、初期消火、初期消火失敗後広場へ参拝者の避難誘導、本殿から「御」の搬出、社殿へ火が移ったと想定し、放水銃による放水訓練を行いました。

また、氏子の方々には、バケツリレー等に参加して頂きました。私たち職員と同じく、文化財を守ろうと真剣な表情で取り組んでいました。

火災を発見し、各場所へ報告に向かっている
氏子の方々もバケツリレーをしました
社殿から「御」の搬出訓練は職員二人一組で
仙台市消防局消防士、国見八幡消防団、大崎八幡宮職員による放水訓練
青葉消防署予防課課長より講評を頂きました 当宮宮司より挨拶

松焚祭 斎行

平成29年1月14日

去る1月14日、大崎八幡宮境内、斎場にて松焚祭が執り行われました。

この日は数年に一度の最強寒波の影響で厳しい冷え込みになりました。

当宮の松焚祭は江戸期より行われており、三百数十年の歴史を有す、全国でも最大級の小正月の火祭りです。境内の一角に近郷近在より持ち寄られた門松、注連縄、松飾り、ダルマが、うず高く積まれ、そこにはこんもりと古神札の山が出現します。

日没の頃、「忌火」により、焚き上げられ、点火された古神札の山は赤々と数日間、燃え続けます。

この火は正月の間に各家庭に訪れていた神々を送る御神火として、火にあたると心身が清められ一年間無病息災、家内安全のご加護を得るという伝承があります。

またこの御神火を目指し参拝する裸参りがあります。白鉢巻、白さらしを巻き、口には私語を慎むための「含み紙」とよばれる紙をくわえ、右手には鐘、左手には提灯を持ち市内各所より数千人が練り歩き参拝するさまは、ここ杜の都、仙台の風物詩として、全国に知られております。

歳神様をお送りし、元旦三ケ日七草に次ぐ然も有終の美をなす正月の別れになったのではないでしょうか。

齋場の御神火は参拝者で溢れておりました。
宮司による祝詞奏上 大麻(おおぬさ)切麻(きりぬさ)を使い、斎場の清祓①
大麻(おおぬさ)切麻(きりぬさ)を使い、斎場の清祓② 宮司以下祭員玉串拝礼
点火された小山は天高く赤々と燃え続けます
仙台放送のみなさまによる裸参り。足並みを揃えて行進し神前に進み、次々に参拝します。

元始祭斎行

平成29年1月3日

去る1月3日元始祭が執り行われました。

元始祭とは、1月3日に天皇が宮中三殿において、天皇自ら皇位の元始を祝い、皇祖以下祖霊、諸神をまつる祭典です。皇室祭祀のなかの重儀とされており、1908年(明治41)制定の「皇室祭祀令」で大祭に編入され、27年(昭和2)の公布で「祭日および祝日」と定められました。

大崎八幡宮でも役員総代参列のもと午前9時に斎行致しました。

現在のように定期的に行われるようになったのは、大宝元 (701)年からといわれております。

お正月三が日の境内賑わう中参進 「献饌」
「浦安の舞」
役員総代による玉串拝礼