『文化財防火デー』消防訓練

令和2年1月26日

去る1月26日(日)『文化財防火デー』に伴う消防訓練を行いました。

『文化財防火デー』は、1949(昭和24)年1月26日、日本最古の壁画が描かれていた奈良県の法隆寺金堂が火災により焼損した事がきっかけに文化財を火災や震災から守ると共に文化財愛護思想の普及高揚を図る目的で、1955(昭和30)年文化庁と消防庁により制定し、全国で文化財の消防訓練が行われております。

今回の訓練では、社殿北西杉林から火災が発生した事を想定し、職員は火災発見時の連絡対応、初期消火、初期消火失敗後の参拝者誘導、本殿から『御神体』を搬出等の訓練を行いました。また、氏子の方々にはバケツリレー等の訓練に参加して頂きました。多くの方々にご協力を頂きまして、消防訓練は無事終了する事ができ、これからも文化財を大切に思い守っていければと再認識致しました

社殿北西杉林から火災が発生した事を想定し第一発見者は、「祭儀棟」「社務所」へ報告

職員による初期消火 本殿から御神体を搬出
氏子の方々もバケツリレーで消火訓練
青葉消防署八幡国見分団による放水訓練


(庶務課 安達)

令和2年 松焚祭(まつたきまつり)が齋行されました

令和2年1月14日

令和2年1月14日、今年は平日となりました松焚祭(通称どんと祭)も数多くの人出の中、盛大裡に斎行されました。

松焚祭当日は早朝から本殿に三座各10台、計30台の神饌がお供えされます。

平成17年に仙台市より無形民俗文化財に指定されました「裸まいり」も今年は約100団体、2700名の参拝がありました。

午後3時頃から夜9時頃まで続く裸まいりは、原形が厳寒の時期に日本酒を仕込む杜氏が醸造安全を祈願して行われたことに基づいて発展し、広く無病息災や商売繁盛、祈願成就を祈る行事となっております。

松焚祭点火式は大広間玄関前から参進して拝殿前に至り、蔭灯を棒持して高張提灯に先導され南下し、馬場南端の斎場へと向かいます。  
「奉祝 天皇陛下御大典」の提灯に照らされた下、裸まいりの行列と露店に囲まれた参拝者の中を縫って参進いたします。

神事は修祓、宮司一拝に始まり祝詞奏上、斎場清祓と進行し、玉串拝礼を行い古神札・御守りに感謝申し上げて宮司一拝の後に点火の儀を行います。

正月を迎えることが出来ました依り代としての門松を始めとするお正月飾りに加え、また一年を無事過ごすことが出来ました御神符、御守り、縁起物に感謝いたし、「元つ御座(もとつみくら)」と呼ばれる神さま方のそれぞれの場所へお戻りいただくようお祈り申し上げるのがこの松焚祭です。

歳旦祭において火打石から鑚り出された忌火が25本の松明に灯されどんと祭斎場の四方八方の場所から一斉に点火されました。

火の手は瞬時に大きく燃え広がり、熱さを伴ってやがて天高く日没に近い夕暮れの空を照らします。神々が煙とともに元つ御座へ戻られるご様子を参拝者の皆様が見守ります。

御神火に当たると今年一年の無病息災がもたらされると云われます。
今年のどんと祭は、およそ17万人のご参拝がありました。

小正月前日のこの神事は江戸時代中期より行われており、その大きな準備にもまた実に多くの方々のお手をお借りいたしまして無事斎行でき、またおかげさまをもちまして無事終了することができましたこと、ご関係者皆さま方に深謝し、厚く御礼申し上げます。
有り難うございました。



(祭儀課 日野)

令和2年 歳旦祭が齋行されました

令和2年1月1日

新年明けましておめでとうございます。 令和2年、庚子(かのえね)歳の新春を迎えまして、先ずもって皇室の弥栄とご安寧、氏子崇敬者皆さま方のご繁栄とご多幸を祈念申し上げます。

当宮の歳旦祭は今年午前3時に斎行されました。  
本殿三座の御前に、紅白餅、山鳥を始め神饌各10台、計30台がお供えされます。

昨年の平成31年は天皇陛下(現上皇陛下)御即位30年を奉祝する歳旦祭でありましたが、今年は令和2年となり今上陛下の御大典を奉祝する歳旦祭となりました。

一年の始まりにあたり、神社に詣でその年の佳きことを祈願する初詣は言うまでもなく国民行事となっており、神事においても大祭という重要な節目の重儀となっています。

当宮においては、歳旦祭の神事の中で、14日の松焚祭で使用する忌火を火打ち石で鑚り出す採火式の儀式が行われるのが特長となっております。

無事に忌火は熾され、蔭灯へと灯されました。

正月3が日の参拝者数は年々増加しており、今年は合計約20万人の人出が境内を賑わせました。

警備体制、参拝者誘導、駐車場整備など各方面でご協力頂きました役員総代世話人の皆様を始め、ご助勢いただき、おかげさまで無事お正月を迎え、過ごすことができましたご関係者皆さまに深く御礼申し上げます。

令和2年が始まりました。
世界平和と復興を願う東京オリンピックを始め、国民の祭典が無事盛大に執り行われ、皆さまの生活の営みが隅々まで健康で精励されますことを祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。



(祭儀課 日野)