七五三祝は、男女の別なく三、五、七歳を祝う地方もありますが、男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳に氏神さまにお参りして祝うのが、最も一般的です。

古くは、髪置(かみおき)、袴着(はかまぎ)、帯解(おびとき)などの祝儀が行われていました。置髪は誕生後はじめて髪を伸ばし始める儀式で、生髪(せいはつ)または髪立(かみたて)ともいいます。袴着とは、平安時代より三歳の時に男女共初めて袴を着け、碁盤に立たせる公家の儀式でしたが、もっぱら男児の祝とされたのは、女児の帯直、すなわち女児が七歳になると、初めて帯をする祝があるのに対してだといわれています。七五三祝が、現在のように十一月十五日に一定したのは、天和元年(一六八一)徳川綱吉の子徳松君をこの日に祝ったのが前例となったためです。

大人の厄年と称せられるものが体力の変化する節(ふし)を示しているのと同様に、三歳、五歳、七歳は医学的に見ても子供の発育上の段階で、三歳で言葉を解し、五歳で知恵づき、七歳で歯が生えかわる。その一面いろりろな病気にもかかりやすく、種々な危険の伴う大切な時期であります。この時期に健全な成長を神様に祈ることは親心の自然から起こったものであろうと思われます。

当日は父母が子供をつれて氏神様に参り、無事生育のお祈りをいたします。服装はさっぱりした清らかなものならよいのです。このような、良い日本の伝統は持続せねばなりません。七五三の日、父母と共に神前に手を合わせた思い出こそ子供に信仰の芽ばえを与え、その一生を楽しくさせるものではないでしょうか。