太元社例祭を斎行いたしました

平成29年8月1日

去る8月1日、太元社例祭を斎行致しました。役員総代以下、2人の御参列を頂きました。

1年のうち、8月1日のみ厨子の扉が開けられます。中には、太元帥明王立像が納められております。この像のお姿は、六面八臂で茶褐色に塗られており、平成9年には仙台市指定文化財となった貴重なものです。

太元社例祭の様子

太元社例祭には、どなたでもご参列いただけます。来年度、どうぞお声がけください。また、当宮では、毎月1日(月首祭)、と15日(月次祭)を斎行しており、その際には、厨子を太元社階段下よりご覧に頂けます。どうぞご参拝なさってはいかがでしょうか。

(祭儀課 石井日加吏)

七夕祈願祭を執り行いました

平成29年8月8日

去る8月8日、七夕祈願祭を執り行いました。台風が近づく中、大雨が降った中での祭典となりました。

当宮に訪れる人のみならず、遠方より短冊の奉納が多数あり、それらを御神前にお供えしました。そして、七夕で書き上げた願い事が成就するよう祝詞に添えて大神様にご報告申し上げました。

短冊とともに、お札のお申し込みがあった方は、七夕祈願祭にてお祓い致しましたお札を送付致します。

祝詞奏上 短冊が結ばれた笹竹をお祓い致しました
7月最初の頃の笹竹 多くの人が参拝に来られ、笹竹が、
色とりどりの短冊でいっぱいになりました

祭典終了後、7月より境内に舗設しました笹竹には、多くの方が願い事を結び、大神様との縁も結んで行かれた事でしょう。皆さまの願いごとが成就致します様ご祈念申し上げます。

どうぞ、大神様との縁を結びに当宮へお参りしては、如何でしょうか。

(祭儀課 石井日加吏)