神宮大麻

お伊勢さまのお神札は神宮大麻(じんぐうたいま)と呼ばれ、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を我が民族の大御祖(おおみおや)の神様と仰いで家庭の神棚におまつりし、日常その大前(おおまえ)を敬拝するよう、毎年お正月を迎える前にそれぞれの氏神様より各家庭に頒たれます。そして神宮大麻をおまつりする神棚には、民族の祖神(おやがみ)として、わが家の安全、郷土の発展、ひいては民族の繁栄と国の平安を御守護下さいますようにとのお祈りがささげられます。

位置

神宮大麻を始め氏神様や崇敬する神社のお神札をおまつりする神棚は、家の中でも清らかで不敬にあたらぬ様一段高いところが良く、しかも家族がいつもよく集まる場所で、毎日のお供えや神拝に都合の良い場所を選びます。神棚の方向は、南或いは東向におまつりするのが良く、神棚の扉の正面にお鏡を据え、左右に榊や灯明具を立て、前面に注連縄をかけるのが慣習で、幌や幕を張る家庭もあります。

神座の順位

お神札を横に並べてまつる時は中央に神宮大麻、向って右に氏神様、左にその他の神社のお神札を奉安します。一所に重ねてまつる際は、表に神宮大麻、次に氏神様、次にその他の神社のお神札をおさめます。祖先の霊舎(みたまや)は神棚より少し下った所に設けます。

イメージイメージ

神饌の供え方

神棚や霊舎には毎朝御饌を供えます。日日の供物は米と塩と水の三つが普通で、米はお洗米又は炊いたご飯を土器に盛り、塩は山形にして土器に盛り、水は水玉などに盛って、これらを三方(さんぽう)か折敷(おしき)にのせ、水玉は蓋(ふた)をとってそなえます。折敷や三方は縁にとじ目のある方を手前に向けます。このほかに珍しいものや四季の折の初ものなど悦しい品を得た折には神棚や霊舎にまずお供えしてから供にいただきましょう。
また、毎月一日や十五日、神宮や氏神様の祭日、国や郷土の祝祭日、家族の記念日、節句そのほか行事日等には、分に応じて御酒や海川山野の物をととのえ、清らかな器に盛って供えます。供物は後でお下げして一家揃って頒ちいただきましょう。

お参りのしかた

神饌をお供えしたら、神前に正座し、二拝、二拍手、一拝の作法で真心を込めてお祈りします。

正月を迎えて

神宮大麻及びお神札は、毎年お正月を迎える前に新しくお受けして神棚におまつりし、今年も新たな御加護をいただきますようにとの祈りをささげます。 過去一年間お守りいただいた古いお神札は粗末にならぬよう神社か社務所等にお納めします。神社では、お祓いをして丁重にお焚上げ(たきあげ)を行います。
また本県にあっては「お正月様」と呼ばれる独特な御神像をおまつりします。 この御神像は、大年神様(おおとしのかみさま)、五穀の神様、大国主神様(おおくにぬしのかみさま)、事代主神様(ことしろぬしのかみさま)(恵比須様)、釜神様等です。
おまつりする順序は各地域や家業によって独特の慣習をもっていますから、神社にご相談下さい。

類似神札

神宮大麻やお神札及び御神像はすべて県下の神社を通じて頒布されます。一部の商店等で売られているものは、すべて類似物ですから、必ず神社を通じて受けられるようご注意願います。

祓詞(はらへことば)

掛(か)けまくも畏(かしこ)き、伊邪那岐大神(いざなぎのおほかみ)、筑紫(つくし)の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸(をど)の阿波岐原(あはぎはら)に、御禊祓(みそぎはら)へ給(たま)ひし時(とき)に生(な)り坐(ま)せる祓戸(はらへど)の大神等(おほかみたち)、諸諸(もろもろ)の禍事(まかごと)、罪(つみ)、穢有(けがれあ)らむをば祓(はら)へ給(たま)ひ、清(きよ)め給(たま)へと白(まを)す事(こと)を、聞(き)こし食(め)せと恐(かしこ)み恐(かしこ)みも白(まを)す

類似神札

掛(か)けまくも畏(かしこ)き、天照大御神(あまてらすおほみかみ)、産土大神等(うぶすなのおほかみたち)の大前(おおまえ)を拝(をろが)み奉(まつ)りて、恐(かしこ)み恐(かしこ)みも白(まを)さく、大神等(おほかみたち)の廣(ひろ)き厚(あつ)き御惠(みめぐみ)を辱(かたじけな)み奉(まつ)り、高(たか)き尊(たふと)き神教(みをしへ)のまにまに、直(なほ)き正(ただ)しき眞心(まごころ)もちて、誠(まこと)の道(みち)に違(たが)ふことなく、負(お)ひ持(も)つ業(わざ)に励(はげ)ましめ給(たま)ひ、家(いへ)をも、身(み)をも、健(すこや)かに、栄(さか)えしめ給(たま)へと、恐(かしこ)み恐(かしこ)みも白(まを)す