松焚祭とは

松焚祭イメージ ※画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます

当宮の松焚祭は三百年の歴史を有す、全国でも最大級の正月送りの行事で、正月飾りや古神札等を焼納する正月送りの行事であり、当宮においては「松焚祭(まつたきまつり)」といいますが、他地域では一般的に「左義長(さぎちょう)」、又はその火の勢いから「ドンド焼き」等とも呼ばれております。一月十四日の夜、境内の一角に近郷近在より持ち寄られた門松・注連縄・松飾り等は日没の頃「忌火」により点火され焚き上げられます。

この火は正月の間に各家庭に訪れていた神々を送る「御神火」として、あたると心身が清められ、一年間無病息災・家内安全の加護を得るという言い伝えがあります。

また、この「御神火」を目指して参拝する「裸参り」があります。これは厳寒時に仕込みに入る酒杜氏が醸造安全・吟醸祈願のために参拝したのが始まりとされ、江戸時代中期には既に定着していたと言われております。現在においても、白鉢巻き・白さらしを巻き、口には私語を慎む為に「含み紙」と呼ばれる紙をくわえ、右手には鐘・左手に提灯を持ち、市内各所より数千人が参拝するさまは、杜の都・仙台の冬の風物詩として全国に知られております。

尚、平成17年度には仙台市の無形民俗文化財にも指定されました。

今年度の松焚祭

日程

1月14日に斎行いたします。
御祈願受付時間 9時~24時
16時より御神火の前で松焚祭点火式を執り行います。

古神札の燃納について

納める時は、ビニール・不燃部分を外してからご持参ください。
昨今、神事と関わりのない物が目立ちます。個人情報が記載された書類等も見受けられます。
どんと祭の御神火は、年神様をお送りする神聖な送り火です。皆様のご協力を、お願いいたします。

受付可能 門松・松飾・神社の授与品等
受付不可 人形・ぬいぐるみ・書類・写真・遺影・位牌・鏡餅・ビニール製品等、神事と関わりのないもの

【※お願い】御神火にはダイオキシン発生の元となる ビニール等を入れぬ様、お願いします。

松焚祭裸参りのご案内

アクセス情報

【宮城交通】シャトルバス
お問い合わせ先:022-771-5310

国際センター駅 ~ 尚絅学院中学・高校前 ~ 大崎八幡宮 ~ イオン仙台中山店 を20~30分間隔で循環運行
始発12:00~大崎八幡宮からの最終発便は、21:30となります。

  • 国際センター駅 大崎八幡宮 片道 大人200円(中学生~) 小人100円(未就学生~小学生)
  • イオン仙台中山店 大崎八幡宮 片道 大人400円(中学生~) 小人200円(未就学生~小学生)

交通バスのご案内はこちら

【仙台市交通局】仙台市営バス臨時便 【行き】

  • 仙台駅前 西口バスループ 16番のりば発
    16:02 ~ 20:30まで 約4分~10分間隔

【仙台市交通局】仙台市営バス臨時便 【帰り】

  • 龍宝寺入口バス停のりば発
    16:30 ~ 21:30まで約5分~10分間隔

※臨時便以外に、路線バスもご利用いただけます。

【JR仙山線】

行き/下り[仙台駅発→国見駅行] 帰り/上り[東北福祉大前駅発→仙台駅行]
9 04    19    38  9 06    21    37    55
10 07    26    58 10 09    25    59
11 18    38 11 36    57
12 11    27    45 12 13    29
13 01    21    42 13 02    18    41
14 04    22    40 14 05    20    40
15 00    20    40 15 01    17    39
16 00    26    44 16 13    28    44
17 00    27    46 17 01    30    47
18 02    23    45 18 04    20    45
19 00    19    38 19 20    56
20 09    27    48 20 10    28    45
21 04    35    55 21 06    35    54
22 16    51 22 33    53
23 36 23 12    38
24 02

※東北福祉大前駅より徒歩約15分で神社

交通規制

交通規制日時:平成27年1月14日17:00時~21:00時

※駐車スペースに限りがありますので、シャトルバス・市営バス・JR等をご利用ください。

※午後5時以降は交通規制の為、シャトルバス・公共交通機関をご利用下さい。

交通規制図はこちら

参拝順路図

参拝順路図はこちら